67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

市販品のドレッシングとの付き合い方【シーザーサラダ】

シーザーサラダ

鶏ムネ肉を塩茹でします。
中まで火が通ったら水で冷やし手で裂いておきます。
パプリカ、レタスと共に皿に盛付け。

市販のドレッシングをかければ完成です。

本来は「ロメインレタス」を使うそうなのですが、そこは普通のレタスで代用。 浮いたお金でパプリカを買う。なにより市販のドレッシングに味を委ねるあたりが我家の味かと。 そんな手抜きのシーザーサラダは美味しいのですが、どこかで負けた気分にもなってしまいます。

加工していない一次食材から作ってこそ「家のごはん係」。 それが理想なのですが、実際は基本的にドレッシング類は市販品。 たまに自作することもあるのですが、それは趣味的に料理しているとき。 日々の暮らしの中では手を抜くために市販品を使ってしまいます。

ただ、それでも良いと思っています。 負けた気になりますが、だからといって毎日真剣に料理と向合っても疲れるだけ。 本当に好きな人はそれを望むのかも知れませんが、ぼくはそこまでの情熱は料理にありません。

ですので、サラダのドレッシングは市販品に頼り、たまに作りたくなったら自作してみる。 ぼくら凡人は、それくらいの方が料理は長続きするものと思っています。 なんだかんだいって市販のドレッシングはクオリティー高くて美味しいですし。

ほんと料理は気楽に作るのが一番の続けられるコツだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/09/12

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 牡蠣はクリームシチューに合う具材
前の記事: お店のサーモンカルパッチョを再現してみました

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.