67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「三陸塩竈ひがしもの」のメバチマグロは本当に美味しい

一口に「マグロ」と言っても数種類あり、その中でもぼくら庶民がよく口にするのは「メバチマグロ」。

美味しい美味しいと食べているメバチマグロも、本当に美味しいと思うのですが、たまに本マグロを食べると、やっぱり本物は違うと思ってしまいます。 ただ、メバチマグロにも固有の美味しさがあると思っているのですが、それを言えば、もっと安価な「ビンチョウマグロ」の方が美味しいと思ったりも。 そんな理由もあって、我家ではメバチマグロが食卓にのぼることは少なかったりします。

ただ、仙台在住時に食べたメバチマグロは別格でした。

塩釜ブランドの「三陸塩竈ひがしもの」。 それは三陸沖の黒潮と親潮のぶつかるポイントで捕れた天然もので、もちろん冷凍処理も許されず、最後に塩釜の目利きに適ったものだけに印されるブランド。 食べたメバチマグロは、そんな「三陸塩竈ひがしもの」が付けられたものでした。

参考: 三陸塩竈ひがしもの | 塩釜水産物仲卸市場塩釜水産物仲卸市場

三陸塩竈ひがしものメバチマグロ
「三陸塩竈ひがしもの」のメバチマグロ。



メバチマグロの握り
メバチマグロの握り。



刺身の角は立っており鮮度は抜群。
血生臭さや生臭さは一切なく、そこにあるのはマグロの旨味のみ。
付ける醤油の量も自然と少なくなってしまいます。

おいしい。

ほんと、塩釜の魚介は最高です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/08/19

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: フライを「繊細な料理」っぽくする方法
前の記事: フランスパンの美味しい食べ方

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.