67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

塩釜仲卸市場で購入した「スズキ」は最高でした

スズキ

仙台に住んでいたとき、頻繁に通っていたのは「塩釜仲卸市場」。

その日は、そこでシーバスとも呼ばれる「スズキ」に惹かれてしまいました。 それは成長と共に呼び名が変わる出世魚。 そして、美味しい「スズキ」を選ぶ要素も「大きさ」なんだとか。

そんなわけで、そこで一番大きかった「スズキ」を買ったわけです。


削ぎ切り

鱗と頭を落として、3枚におろします。
半身は皮を剥いで一口大に削ぎ切りしてみました。

おいしい。

タンパクなのですが、味の濃さは深いです。
醤油ではなく塩で食べてもいけるかと。



スズキのカルパッチョ

カルパッチョにしてみました。
ドレッシングは、Exオリーブ油と酢、塩でシンプルなものに。

おいしい。

ドレッシングの塩味にも負けないスズキの旨さは底なしです。



スズキの刺身

刺身で食べてみました。

おいしい。

歯応え?が良く、噛めば噛むほど旨みが溢れだします。
臭みを消すために「洗い」が良いと言われるスズキですが、「刺身」でも大丈夫でした。



ムニエル

ムニエルにもしてみました。
タルタルソースは、ゆで卵とマヨネーズでシンプルに。

おいしい。

鮮度が良いので「焼き」は勿体ないかと思いましたが、焼いてよかったです。
ムニエルにした「スズキ」の身は、スポンジケーキのようにふわふわ。
美味さも生より格段に上がっていました。

やはり、旨い魚は生で頂くより火を通した方が良いみたいです。



スズキの寿司

最後は「寿司」にしてみました。

シャリとネタの間に大葉を挟めば、透明度のある身と分かります。
淡白な魚なので工夫がいると思いましたが、小細工不要は不要かと。
この寿司で、本当に「スズキ」は美味しい魚と思えました。

おいしい。

やはり、塩釜は最高です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/04/17

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 北海シマエビを塩茹でにしました
前の記事: 勝負のお題は「レンコンチップス」

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.