67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

勝負のお題は「レンコンチップス」

「なに食べたい?」から始まる、作り手と受け手の一騎打ち。

言われたものを「作れただけ」なら引き分け。
受け手の想像を少しでも上回れば作り手の勝ち。
逆に、下回れば負け。

そんな勝ち負けも料理にはあると思うのですが、作り手が負けたとき、受け手は勝ったのかというと、そうでもなく、むしろ残念な気持ちを共有する敗者になってしまいます。 そう考えれば、料理は作り手と受け手の一騎打ちではなく、作り手が挑む相手は料理であって、受け手はその判定者なのかと。 勝ったときは一緒に喜んでくれるパートナーなのかも知れません。

レンコンは薄く輪切りにして、水にさらしておきます。
それを弱火のフライパンで丁寧に焼いていく。
7割くらい火が通ったらチーズを加えます。

混ぜずにチーズがカリカリになったら完成です。

レンコンチップス

レンコンチップス。

息子からリクエストはテレビで紹介されていたもの。
ただ、その食感は「パリパリ」ではなく「ふにゃふにゃ」。
レンコンの「焼き」が足りなかったようです。

それでもおいしい。

息子も同じ感想を言ってくれるのですが、ぼく的には負けた気分。
次は息子の想像の上へ行きたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/04/15

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 塩釜仲卸市場で購入した「スズキ」は最高でした
前の記事: 芋煮を食べて東北人の仲間入り

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.