67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

南部鉄器で炊いた「ごはん」はおいしい

我家のキッチンから炊飯器が消えたのは、仙台在住時の震災後のこと。

電気は使えなかったので、しかたなく卓上コンロと片手鍋でお米を炊いたのですが、それがビックリするくらい美味しかったのです。 「はじめチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いても蓋とるな」なんて火加減も無視して、煮物を作る感覚で炊いたのですが、 10分ほど蒸らせば、しっかりと「ごはん」な姿になってました。

そんな適当すぎる炊き方でも美味しかったので、電気炊飯器の存在自体に疑いの念も。 本当に炊飯器は必要なのかと。もしかしたら自炊する上で、そんなに重要なものでもないのかも、と思ってしまいました。

後片付けも鍋で炊いた方が簡単。 炊飯器は、お釜と蓋を取り外して水洗いし、本体の汚れた部分は布巾等で拭く必要があるのですが、 鍋で炊いた場合は、鍋を丸洗いすればいいだけ。 収納も、鍋は炊飯用の専用道具ではないので、炊飯器のように特別な場所も必要ありません。

そんなわけで、ライフラインが全て復旧しても、再び炊飯器を使うことはありませんでした。

そして始まった炊飯器無しの生活。
最初は片手鍋で炊いていましたが、途中から鉄釜で炊くことに。
被災した岩手にお金を落とすという名目で、岩手の南部鉄器製の鉄釜を購入したわけです。

南部鉄器

南部鉄器の鉄釜は、見た目が最高にクール。
鋳型特有のザラザラ感がたまりません。

モノクロの被写体としても好きです。

蓋部分の蒸気穴にも小さな蓋が付いているので、ごはん炊きにも最適。
蓋が重いので、鍋を火にかければ圧力も多少かかります。

鍋は肉厚で重いですが、保温性もあるのでローストビーフも作りやすいかと。


欠点は、鉄製なところ。 長時間の調理や、鍋に料理を入れっぱなしにしておくと、錆びて黒くなったり、赤くなったり。 そのため手入れは少々めんどうで、水洗い後はすぐに水気を切り、内部は油を塗っておく必要も。

ただ、メンテナンスは大変ですが、手間のかかる分、愛着も生まれます。


そんな南部鉄器で「炊き込みご飯」を作ってみました。

具材は、鶏モモ肉、しめじ、ごぼう、油揚げ。
小さくカットし炒めます。

味付けは醤油と酒、みりん。
それをお米と一緒に炊いていきます。

炊飯

鉄鍋で炊きます。
火加減は強火。
炊く時間は適当。

蒸らしは10分。



炊き込みごはん

炊き込みごはん。



食卓

漬物と一緒に頂きました。

おいしい。
出汁と醤油のしみ込んだ「ごはん」は最高です。 もちろん、おこげも。
鉄鍋を購入して正解でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/03/15

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「筑前煮」を好きな人は多い
前の記事: 「ささみのナンプラー和え」で変化をつける

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.