67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「うしお汁」という名のプチ贅沢

「プチ贅沢な一品」といえば、コンビニのケーキやハーゲンダッツのアイスが脳裏に浮かびます。

他には、お風呂に入れる入浴剤とか、スーパーのお菓子売り場に並んでる食玩。 費用にして200〜500円くらいなもの。 そんな少額で得られるプチ贅沢ですが、我家では料理に使う食材のランクを少し上げることも、ささやかなプチ贅沢だったりします。

肉じゃがに使う牛肉が、オージービーフではなく黒毛和牛でしたり。 お好み焼きに使う豚肉が、メキシコ産ではなく国産の三元豚でしたり。 野菜炒めにピーマンは使わず、代わりにオランダ産のパプリカを入れてみたり。

そして、「あさり」で作った「うしお汁」も、プチ贅沢な家ごはんだったりします。

いつもですと、豆腐や大根、余った野菜で作ることの多い味噌汁。
そこを、「あさり」を使った「うしお汁」に代えてみるのです。

「あさり」なら、酒蒸しで1品作れるところを、あえて地味で目立たない汁物に。 ハマグリで作れば、もっと美味しく作れるかも知れませんが、それではただの贅沢な一品になってしまいます。 「あさり」で安く作る「うしお汁」。その少しな贅沢が、プチ贅沢だったりするのです。

なべに水、少量の日本酒、「あさり」を入れる。
なべを火にかけ、沸騰させないように注意する。

貝が開き、味見をして塩で整えたら完成です。

うしお汁

プチ贅沢な、「あさり」のうしお汁。
メインな料理を支える、裏方な一品。
いつもは、酒蒸しか、ボンゴレで食べる「あさり」なのですが。

おいしかったです。

「あさり」という食材をメインからサブへ降格処分する。
この微妙な扱いの変化が「プチ贅沢」だったりするのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/03/11

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: ハンバーグに逃げたその日の献立
前の記事: 夏野菜というセレブな食材

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.