67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

残ったバジルはジェノベーゼソースに

バジル

上の写真は、義理の姉に頂いたバジルの苗です。

それを家のベランダで育てたのは嫁さん。 おかげさまで、その夏は、おいしい生バジルをいっぱい食べることが出来ました。 ただ、バジルは成長が早く、いつしか全てを食べることが出来なくなり、秋に訪れた最後の収穫では、大量のバジルの使い道に困ってしまいました。

いつもは炒めものに入れたり、シチューに入れたり、トマトソースに入れたりと、その万能ぶりに助けられたりもするのですが、さすがに毎日の3食に使うと飽きてしまいます。 ですので今回は、大量のバジルを使って、ジェノベーゼソースを作ることにしました。

バジルの葉は微塵切り。
ニンニクも微塵切り。

クコの実は手に入らなかったので、胡桃で代用。
これも微塵切り。

全てを合わせて、塩とExオリーブ油を加える。
よく混ぜて、少し寝かせれば完成です。

カプレーゼ

トマトとチーズとジェノベーゼソースで「カプレーゼ」にしてみました。

微塵切りし過ぎて、少し見た目が悪くなってしまいました。
それでも味はおいしかったです。

口の中では、バジルの爽やかな香りが強く広がります。

乾燥バジルにすることも考えたのですが、ジェノベーゼソースにして正解。
ソースはまだまだあるので、別の料理にも使えそう。

ほんと、バジルはおもしろいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/03/11

「家ごはん」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: ジェノベーゼグラタンを作るには大量のバジルが必要です
前の記事: 世界に誇る日本の「テリヤキ」

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.