67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

自作の「イクラ丼」を作れる喜び

北海道のスーパーでは、割と普通に売っている「鮭の筋子」。

それは、イクラを作るためのもので、それ用の浸けダレと、ほぐすための網も、一緒に売っていることが多いです。 そんな「筋子」は、安くはないものの、べらぼうに高いものではありません。 というわけで購入。

さっそく、家にて自作の「イクラの醤油漬け」を作ってみました。

ぬるい塩湯を使い、
筋子を網に押し当てて、
イクラへとばらしていきます。

いくら

ぷちぷちのイクラ。



浸けダレは、醤油と煮切った日本酒。
それにイクラをひたひたで漬け込めます。
冷蔵庫で1日おけば完成です。

イクラ

イクラ丼にして頂きました。

おいしい。
濃厚な鶏卵の黄身の味がします。
ごはんに対してイクラが多すぎる喜びも。

北海道はおもしろいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: 家ごはん | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/03/11

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: ピザに助けられた震災後の食生活
前の記事: 深夜の焼きたて「失敗パン」は悲しくおいしい

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.