67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

インターネットの「テキスト至上主義」が崩壊することを夢見て

新得町

ぼくは地域おこし協力隊ですし、これからの生業を考える上でも、情報発信は出来ても損はないと。 そう思って、就任が決まってから文章を書き始めたのですが、まあ、上手くいかず。 そもそも文章を書くことは苦手ですし、好きではないですし。 それでも書き続けていれば、上手くなるかなと、好きになるかなと。 そう思って、「昭和生まれパワー」を使って、3年近くも書いてみたのですが、ここらで諦めた方がいいかなと。 皆が同じことをやっているので、ハードルも上がってきてますし。

なにより、今のところですが、就農してからの暮らしの中に、文章を書き続けることはあまり入れたくもなく。 今は早朝に文章を書いているのですが、できれば、その時間は農作業に使いたいと。 それは「忙しいから」もあるのですが、単にそっちの方が楽しいから。 イメージする理想の暮らしは、農作業をやりながら写真を撮って、自分で作ったごはんを食べつつ、休憩時間に写真の編集して、サイトを更新して、早く寝て。 その中に文章を書く時間はないと。

まあ、あくまでも理想なので、ある程度は現実を見なくてはいけないのですが、それでも文章を書く時間は入れたくないなと。 そもそも、ぼくが文章に頼ることの方が現実的ではないわけで。この文章も、書くのに3日もかかってますし。 学生時代のぼくの成績の異常さを知ってる人には分かってもらえると思いますが、やっぱり「諦め」が必要なのかなと思ってしまいます。

でも、情報発信の全てを諦めることは避けたいところで。

自身の欲求的にも、求めてくれる人のためにも、もちろんビジネス的にも。 そう考えると、文章の情報発信は諦めたとしても、他の方法での情報発信はしていきたいなと。 ぼくの場合だと写真による情報発信が合っているのかなと。

ただ、写真に頼った情報発信は、文章のそれよりも弱く、あまり現実的ではなく。

もちろん、強い写真なら文章よりも伝える力は大きいのかもしれませんが、趣味レベルで撮る写真だと文章には負けてしまいます。 インターネットの情報は「テキストによる検索」で支えられてる以上、画像や動画、音よりも、文章による情報発信が強いのかなと。

これにはちょっと怒ってます。

怒っているというか、嫉妬といいますか、負け惜しみといいますか。

「いやいや、インスタグラムや500px等の写真専用のプラットフォームを使えばいいではないか」との声も聞こえそうですが、そうは思えなく。 もちろん、それらのSNSも活用する必要はあるのですが、それをメインにしてしまうと、伝わらないことが多くなってしまうと。 そのSNSの攻略方法をとり入れたくもなりますし、なにより、伝えたいことがSNSのテーマや雰囲気、人波に埋没してしまう。 それを回避するためには、やっぱりサイトを作るしかないのかなと。

そんなわけで、自分なりの情報発信を試みるために、新しいサイトを作りました。 「文章」は諦めて「写真」で伝える努力をしてみます。ぼくは写真が好きなので、この方法の方が、まだいいかと。

リンク: サホロ椎茸 | 北海道の新得町で原木から椎茸を作っています。

たしかに、ビジネス的に考えれば、しっかりと文章で広報に力を入れた方がいいと。 個人経営の農家でも、農作業に全力を注ぎこむより、営業に力を入れた方が成功へは近道な気がしますし、実際、上手く行っている話もよく聞きます。 農作物に手間暇かけるよりも、広報に時間を割いた方がいいと。

ただ、そんな方法を否定するつもりはありませんが、ぼくは腑に落ちず。 やはり、限られたマンパワーは農作業の方に注ぎたい。 基本的には頻繁に行えない営業活動の代わりのサイトなので、そこで手こずるわけにもいかないと。

そもそも、「サイトで何を伝えたいのか?」と聞かれれば、それは単に「まじめにやってます」ってこと。 というのも、まだまだWebの世界だと実社会ほどの責任感を持たない人も多い印象で、 自サイトには本当ではないことを書いてしまう人もいるのかなと。 古い情報のままであることも多いですし。

誤解を恐れず言えば、今の時代ではそれは仕方のないことかなと。 それで被害を受ける人が現れたら話は別ですが、大なり小なり、話を盛ってしまったり、放置はよくあることかと。 閲覧者も、それを承知で見ているところはあると思います。 そんなWebの中で、「まじめにやってます」を伝えるには、やはり毎日の更新が必要で、 でも、ぼくが文章を書き続けるには農作業の時間を多く割く必要があり、「まじめにやってない」わけで。 それを解決するには「文章」は諦めて、ぼくにとっては効率の良い「写真」で頑張ればいいかなと、そう思ったわけです。

とはいっても、今はまだまだ単なるアルバムサイト。もっと工夫が必要なのですが、それを考えるのも写真メインなら楽しめそう。 でも、きっと、SEO的には、ほぼずっと無力のまま進むかと。google検索の恩恵は、半ばやけくそで諦めているので。

といいつつ、近い将来「画像検索」の環境が劇的に変わるといいなと思ったいたりもします。 インターネットの「テキスト至上主義」が崩壊することを夢見て。 案外、それを期待しているクリエイターさんは多いのではないかと。

まあ、あまり悩まずに「自分の見たいサイト」を極めて行きたいと思います。
もちろん「陰ながらの応援者」になってくれる人もお持ちしています。
たまに様子を見に来て頂けるだけでも嬉しいです。

新サイトへの御意見や御感想がありましたら遠慮なくお知らせください。 また、一次や二次産業に従事している人が自ら運営している「おもしろいサイト」をご存知でしたら、こちらもお知らせください。 サイト運営の参考にしたいと思っています。

リンク: サホロ椎茸 | 北海道の新得町で原木から椎茸を作っています。


追伸

このブログの更新は、習慣化できていることもあるので、少なくとも協力隊の任期中は、今まで通りの頻度で運営していきたいと思ってます。


追追伸

新サイトの運営が思った以上におもしろいので、こっちのブログは何か書きたいことがあるときに更新します。 ごめんなさい。


追追追伸

先日の『平成30年北海道胆振東部地震』の影響で停電が広範囲に起こりました。 ぼくの住んでいる新得町でも電気は使えなくなり、数日に渡って椎茸の出荷も不可能になりました。 その損失は大きく農家さん達は困ってしまいました。

そのため、いつもはしていない「小売販売」を新サイトで限定的に行っています。 発送は配送業者さんの営業再開を待つことになりますが、5ケースだけの注文をお持ちしております。 もちろん採りたての原木椎茸をお送りします。

下記のリンクから販売ページへ飛べるので、何卒よろしくお願い致します。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/07/02

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「原木しいたけ」の生産現場にクワガタは付きもの
前の記事: 北海道の6月は「原木しいたけ狩り」のピークなのか?

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.