67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

北海道の6月は「原木しいたけ狩り」のピークなのか?

原木しいたけ

先日、またまた自然子が出ました。

例年なら出るはずもない季節なのに。
今年はかなりのロングランかと。
そう思う一方で、まだまだ経験年数が浅いので、
これが普通なのかなと思ったりもします。

北海道には梅雨が無いと言われていますが、かわりに蝦夷梅雨ってのがありまして。 つまるところ、とかち暮らしは3年目なのですが、6月はよく雨の降るイメージを持ちました。 気象庁からの発表こそないものの、北海道にも梅雨と同等のものがあるみたいです。

西日本の梅雨はゲリラ豪雨的なものが多く、東日本のそれはしとしとと降り続くものかと。 そこへいくと北海道の梅雨はしとしと系で、寒暖の差が激しいことが特徴な気がします。 最高気温が30℃に達する日もあれば、最低気温が一桁の日も。 それが異常気象なのかは分りませんが、とりあえず、ここ2,3年はそれがデフォルトのよう。 まあ、あと10年くらいは住んでみないと、「例年どおり」は分らないのかなと思ったりもしています。

つめたい雨の日のあとの暑い日。

それはもう、しいたけも外に出てきたくもなるってもんです。 出てこれなくても、榾木の中での発生準備は促進されているかと。 つまり、とてもいい環境ということ。 雷の刺激が無くても、わんさか生えてしまいます。

嬉しいような、困ったような。

そう思っていても、やっぱり収穫という名の「しいたけ狩り」は楽しかったりするのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/06/30

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: インターネットの「テキスト至上主義」が崩壊することを夢見て
前の記事: 【原木しいたけパスタ】アンチョビの使い方

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.