「新得そばの館」は楽しいところ | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「新得そばの館」は楽しいところ

新得町

はじめて新得町を訪れたのは2009年のこと。

その頃は道央の岩見沢に住んでいたので、クルマで訪れることができました。 2泊3日で十勝を探索。チーズを食べたり、ヒツジと戯れたり。ヒグマをみたり、輓馬レースを観戦したり。豚丼を食べたり、トロッコに乗ったり。 ちょっと詰め込みすぎたかなと思える日程だったのですが、とかちの空気に触れることができたので、今となっても良い想い出でのままです。

参考: 十勝の半田ファームとヨークシャーファーム
参考: ヒグマと輓馬
参考: 旧新内駅のトロッコ鉄道

当時、お土産を買おうと、最後に寄ったお店は「新得そばの館」でした。

ランチの時間はなかったのでそばを頂くことは出来なかったのですが、お土産を選ぶ時間が楽しかったことを覚えています。 この頃は、あまり新得と蕎麦の繋がりをしらなかったので、蕎麦グッズが並ぶ店内はとても新鮮に感じられました。

店舗の外に広がる景色も、そのほとんどは蕎麦畑。 「新得そばの館」は国道沿いにあるのですが、その国道が「そばロード」と呼ばれるほどに蕎麦畑は広がっています。 蕎麦の花の開花する夏になると、一面は花で白色になることをしりました。

そんなことを思い出したのは、先日、ソフトクリームでも食べたいなと「新得そばの館」に訪れたから。 「そばソフトクリーム」を食べてみたいと思っていたので、天気のいい日に訪れたというわけです。

ソフトクリームを食べる前に、店内に並べられているお土産を見回ったのですが、やっぱりあの頃と一緒で楽しかったです。 蕎麦以外の商品もあり、新得町の縮図がそこにはありました。お世話になったことある農家さんがつくった「乾燥しいたけ」の姿も。 傘の裏が黄色いのはおいしい証拠。さすがだなと思いました。

ソフトクリームを買って、店舗の外で頂きました。
上の写真は、そのときに撮ったもの。
ほし型の焼き菓子がアクセントになりおいしかったです。

ここでも、最近は忘れていた「新得町は観光地」ということを思い出せました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/06/03

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 本当は夏も忙しい「原木しいたけ農家」
前の記事: 新得町の「ラ・パッパータ 」で良いランチを

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.