チェーンソーは「刃の研ぎ方」が大切 | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

チェーンソーは「刃の研ぎ方」が大切

新得町

チェーンソーで原木を切っていきます。

すぱすぱいくと気持ちよく、ついつい奏でるエンジン音もリズムを気にしてしまいます。 フルスロットルは短く、全閉も短く。切りおわる瞬間の空ぶかしも起こらないように。 ほんと「玉切り」はおもしろいです。

研修で切った本数は覚えていませんが、1万は軽く超えているかと。 とはいえ、経験を充分に積んだと言える本数にはまだまだ足りず。 それでも、さいしょのころに比べれば、作業時間は大幅に短縮できてきたのかなと。

ただ、出来ることは増えても、自分のなにが変わったかは分らず。 まあ、チェーンソーがよく切れるように変わったかなと。刃の研ぎ方がよくなったのかなと。 そう思うのですが、研ぎ方の「どうよくなったか」は、やっぱり分らなかったりするのです。

参考: チェーンソーによる「まとめ切り」も出来るようになりました

でも、つまるところ、チェーンソーの使い方の上手い下手は、「刃の研ぎ方」で8割方決まるのかなと。 刃の当て方とか、刃の進め方とか、いろいろあるけれど、それも「よく切れるチェーンソー」があってこそのもの。 逆に、「刃の研ぎ方」さえ上手であれば、なんとでもなるのかなと。

それに、「刃の研ぎ方」が上手くなると、研ぐ回数を減らせるので、時間の無駄もなくせますし、 刃の寿命も長くなるので、節約にもなりますし、と、いいことづくしです。

だから、もっと上手くなりたいなと思うのですが、そのためにやることといえば、回数をこなすことしか思い浮かばなかったり...。 これだと、人に教えることもできないのですが、まあ、それはそれでいいかと。

きっと、来年の今頃は、今より上手くなっているのだろうと。

そんなことを願いつつ、今は淡々とチェーンソーの刃を研いでおきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/05/29

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 【原木しいたけ】「天地返し」で活発化する微生物
前の記事: まだまだ知らないことばかり

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.