理想と現実の比率とラーメン・ロッキー新得町店 | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

理想と現実の比率とラーメン・ロッキー新得町店

新得町

よていよりも終わりが遅れてしまい、すこし焦ってしまいました。

だれかに強制されてる作業なわけでもないので、その「焦り」は自分に強制されていることの表れなのかなと。

思い返してみれば、遅れた理由も仕方のないことが多いですし、遅くなる判断をしたこともあるのですが、それに悔いはないですし、むしろそっちを優先してよかったと。

たしかに、もうひとりの自分に足を引っ張られたこともあったので、どこかで彼を敵にみていた部分もあったのですが、ちょっと厳しすぎました。

すべてをもうひとりの自分のせいにはせず、ちゃんと対策を考えてあげないと。途中でそれに気づいたので、そこからは効率も上がったり。 来年は今年よりもスムーズに進められそうです。

それにしても自分は単純で、気持ちのあがるものは、あがらないものよりも早く終わるようす。 結果が顕著に表れすぎかと。逆に、結果をみれば、気持ちの上がるものがわかったりも。 気付いていたものは「やっぱりね」と。気付いていなかったものは「これか」と。

ほんと、自分は単純だなと思うのです。

「最高においしいものをつくりたい」と、「写真を撮れる森をつくりたい」と、そう思う一方で、稼いで経済的に自分達を安定させる必要もあるわけで。 そんな理想と現実は、どちらか一方を選ぶのではなく、両方を捨てずに持ちつつ、その比率を考えることを大切にしています。

いまのところは、1:200。
理想の割合は0.5%。

かなりの現実路線なのですが、まあ仕方ないかなと。

でも、この0.5%をつくる作業はたのしく、残りの99.5%の仕事も楽になったりもするので、 新規就農ですし、さいしょは現実をよくみなくてはいけないのですが、それでもすこしの理想は大切だなと、大切にしていきたいと、そう思う今日この頃。 ほんと理想があってよかったです。

まあ、0.5%と比率は少なくても、数は多くて、趣味のレベルは超えているので、つくる作業も大変で。 でも、気持ちはあがってしまい、いつもより体への負担は大きくなっているにもかかわらず、それには気付かず。

終わってみれば、節々がいたい...

今後はセーブしないとなと思う一方で、したくないと思ったりも。
とりあえず、2018年の植菌は終わったので、自分へのご褒美を。

車中泊の予定を組みつつ、久しぶりの外食ランチを。
上の写真は、その日に訪れたラーメン・ロッキー新得町店で撮ったもの。

おいしかったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/05/26

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: カレーを市販のルーで美味しく作るコツ
前の記事: 原木しいたけで作るもうひとつの和風パスタ

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.