春の野菜と毎日の食事事情 | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

春の野菜と毎日の食事事情

新得町

気が付けば、野菜の値段も落ち着いてきました。

気温の低い冬のためか、それとも異常気象のためか、ここ半年ほどは高値の続いていた野菜ですが、ここに来て安くなりはじめたと思います。

ただ、それに気付かず、ホウレン草が安いと思い、連続で買ってしまいました。どこへ行っても、いつの日でも、そこそこの安さになったのに。

まあ、それでも食べられない程の量を買ってしまったわけでもないので、特に困ることもないのですが、さすがに「ホウレン草のおひたし」が続くと飽きてしまいます。 それは、味に飽きるのではなく、作ることに飽きてしまう、ということ。

そんなわけで、ホウレン草でグリーンパスタを作ってみたりも。

フライパンにオリーブオイルをひき、おろしたニンニクと刻んだベーコンを弱火で炒めていきます。 そこにフードプロセッサーで細かくしたホウレン草を追加。 味付けは、塩、胡椒、白ワイン。 塩茹でしたショートパスタと合せれば完成です。

木

そんなグリーンパスタは、あまり美味しくなく。

この日のホウレン草には、そこまでのパワーがありませんでした。 みどりの色合いは良く、味もベーコンとニンニク、オリーブオイルで不味くは無かったのですが、期待していたものにはならなかったというわけ。

やっぱり、グリーンパスタはバジルのような香りの強い葉物で作らないとダメだったみたいです。

他にも、ニラが安かったりするので、「ニラ玉」が食卓にのぼることも多くなり、作ることに飽きてしまい、キッシュ風の「ニラ入りのたまご焼き」にしてみたり。

大根も、値段の高いときは、刻んでサラダにしたり、みそ汁の具にしたり、1本を小分けにして使うことが多かったのですが、先日は大きめに切って「大根ぶた」にしてみたり。

輪切りにした大根の厚さは、おでんのものより若干薄目の15mm程度。 それをフライパンで軽く炒めてから鍋の中へ。豚肉も同じく、軽く炒めてから鍋の中へ。 半分に切ったニンニク、顆粒のコンソメ、塩、白ワインを追加。

沸騰しないように30ほど煮込んで、その後はシャトルシェフ内で1時間放置したら完成です。

畑

これは美味しかったです。

写真を撮るのも忘れるほどに。ちょっと薄目の味付けになってしまったのですが、それも心地よく。 大根は柔らかいですし、中まで味は染みていますし。一見、和風な料理と思える外見も、口に入れれば洋風で、その違和感もおもしろく。 なんだか、とても優しい料理と思えました。

そんな感じで、食卓にも春は来たかと。

これからの季節、料理を作るのも忙しくなりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/04/15

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 新得町の4月の積雪を舐めてはいけない
前の記事: 「十勝風」の対策グッズは「コメリ」で揃えられる

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.