「十勝風」の対策グッズは「コメリ」で揃えられる | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「十勝風」の対策グッズは「コメリ」で揃えられる

新得町

新得町の春は「強風」の季節です。

六甲おろし(兵庫県)、清川だし(山形県)、広戸風(岡山県)と同じように、「十勝風」という名前が付いている春の強風。 つまるところ、移動性の低気圧が北海道の東方に来ると、北西方向から空気を引っ張り、それは日高山脈を越えて十勝平野に下りるときに強風が生まれるのだとか。 また、日照時間が長いと平野部の気温は高くなり、山間部の気温の低い空気を引っ張るときにも、強風は生まれるそうな。 原因は複合的なそうな。諸説ありなそうな。

そんなわけで、作業場のタープは、日々強風にさらされてるのですが、案外、耐えてくれるもので。

参考: タープは十勝の強風に耐えられるのか?

「すごいな」と思っていたのですが、先日、強風に耐えれずポールが倒れてしまいました。 作業中だったので一部始終を見ていたのですが、割とゆっくり倒れていくもので、ダメなときは一瞬で飛んでいくと思っていたのですが違ったみたいです。

結局、ロープの引っ張る力が強風に負けたみたいです。

地面は硬く、石が埋まっていることもあったので、「ペグ」ではなく、ブロックで固定していたロープ先。 ブロックは重たいのですが、強風が吹いたときは、ずるずると引っ張られていました。ゆっくりポールが倒れたのはそのため。

要はブロックの「重さ不足」だったというわけです。

榾木

やっぱり、地面にペグを打ちたいなと。

タープと一緒に付いてきたペグはプラスティック製だったので地面に刺さらなかったけど、金属製の細いペグなら刺せるかもと。 そう思ったので、帯広へ買物に行ったついでに、金属製のペグを探してきました。

リサイクルショップは2軒も訪れたのですが目当てのものは無く、スポーツ・アウトドアショップへ行くも、未だウィンタースポーツコーナーが広くて、アウトドアグッズは棚1台分。 もちろんペグは無く。しかたなく諦めたのですが、最後に訪れたホームセンターにはありました。

それは金属製なものの、アウトドア用のペグではなく、園芸用の杭。
充分に代用できるかと。値段も安いですし。
ほんと、「コメリ」は最強です。

参考: ホームセンター通販サイト・コメリドットコム

店内を見渡せば、これから必要となるものは全て揃ってるようす。 知っているものばかりなので、新しい発見は無く、その意味では詰まらないお店なのですが、欲しいものは大概あるみたいなので、ちょっと安心しました。 隣町にある店舗なので、割と直ぐに買いに行けますし。

ほんと、近くに「コメリ」があって良かったです。

ちなみに、買った園芸用の杭でも刺さりませんでした...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/04/14

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 春の野菜と毎日の食事事情
前の記事: 【原木しいたけ】植菌後の雨に振りまわされる

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.