「森の掃除」が楽しい理由 | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「森の掃除」が楽しい理由

薪

先日、森の中を掃除してきました。

掃除と言っても、ゴミ拾いや埃の除去ではなく、倒木や雑木の撤去。 「しいたけ菌」を植え付けた原木を森に安置させたいのですが、その森は数年の間放置されていた場所。 そのため、掃除が必要だったわけです。

倒木はチェーンソーで細かく切って薪に。 雑木は多いので、全てを切ってしまうと森の屋根に穴が開いてしまいます。ですので、雑木と言えども最低限の伐採に。 太陽の光をあまり浴びれず、成長の遅い低い雑木を伐採。

とりあえず、軽トラが入れる道は確保できました。

でも、原木を安置させるスペースはあるものの、残した立木で区画は分断されてたり。 ちょっと不便なのですが、それくらいで調度いいかと。 100%の便利さを求めるならば「人工榾場」を作った方がいいですし。

深い森
ある程度の雑木は伐採しましたが、まだまだ深い森。
笹は、刈払機が来たら刈るつもりです。



森の天井
森の天井は良い感じかと。



白樺
少し怖い雰囲気なのは白樺の樹皮のせいかと。
誰かに見られてる気がします。



森の天井
変なキノコがいっぱい...
この白樺は完全に死んでいるので、そのうち切り倒します。


つまるところ、森の掃除は楽しいと。

考えてみれば、リアルな「サンドボックス」のゲームみたいなものですし。 森の中の雑木を切り倒し、区画や道を敷いていく。そこに植菌した原木を伏せ込み、榾木を作る。 もうひとつ言えば、森のすぐ外に作業場を作ったり、ビニールハウスを建てたり、道を作ったり。 それらは作業動線を考えて配置されたもの。考えて、作って、完成して。そんな道順が楽しいと思うのです。

今は「想像」が終わって実際に動き出したばかり。
一番楽しいときのような、一番大変なときのような。

早く完成系を見てみたいなと思いつつ、今は目の前のことを淡々と進めていきたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/04/12

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 【原木しいたけ】植菌後の雨に振りまわされる
前の記事: ちょっとした「どうでもいいこと」を入れたくなる

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.