十勝で「定点撮影」はじめてみます | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

十勝で「定点撮影」はじめてみます

新得町

気温が二桁に届く日も珍しくなく、道路脇の雪山も日に日に低くなっていきます。

路面の根雪は完全に消えて、クルマの運転も楽になったのですが、路肩には泥がたまり、雪解けの水も汚く。 未舗装路は乾くことなく、凍った大地が溶けたためか、路面は柔らかく、クルマが走れば、ぼこぼこの轍も。 雪に覆われていた畑も、部分的に土が見えたり。

そんなわけで、3月末の十勝は、正直、あまり美しくない風景が広がってたりします。

もう少し季節が進めば、花と深緑と青空の景色が広がり、秋になれば紅葉がきれいで、冬は白銀の世界に。 基本的には1年を通して景色の良い十勝なのですが、とりわけ、この雪解け中の景色だけは、少々残念なものと思ってしまいます。

そんな景色も、写真にするならば魅せ方を工夫することで良いものにできるとは思うのですが、難易度は高く、少々諦めモードに。 ひとつだけ可能な方法があるとしたら、それは「定点撮影」なのかなと。

同じ場所で季節を問わず撮影する。 そんな方法で作られた「組写真」なら、雪解け中の残念な景色でも、まあまあなものに仕上げられるかと。 なにより、定住地を決めたら「定点撮影」をしたいなと思っていたので、そろそろその場所を決めたいなと。

そう思って、過去の写真を思い返したのですが、知らず知らずのうちに「定点撮影」をしていました。

直線道路



防風林



雪道



吹雪

直線道路と防風林。

割と十勝っぽい景色な場所かと。
ただ、写真マジックなところもあったり。
ですので、自宅から近くですし、除雪も割と頻繁に。
にも拘らず、交通量はほとんどなし。

そんなわけで、この場所を定期的に撮っていようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/03/25

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 胡椒を強く効かした「しいたけのオイルパスタ」は大人の味
前の記事: 朝食の「ベーコンエッグ率」で分かること

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.