67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

北海道の防寒対策はユニクロの「ヒートテック」一択

新得町

先日、久しぶりにクルマの空調設定を変えました。

冬の間はフロントガラスの「凍結防止」と「曇り防止」のために、送風はずっとデフロータにしていたのですが、 日中は暖かくなったので、暑くなったので、送風は前方にして、送風温度も青色の冷たいものに。

ぼくの軽トラにはエアコンが付いていないので、こんな操作も必要になってくるのですが、それを通して春を感じたりもします。

思えば、最近は汗ばむことも多くなったと。 真冬でも力仕事をすれば汗をかくこともあるのですが、最近のものは暖かい気温から来るものかと。

ですので、そろそろ真冬使用の服装も見直さないといけないと、そう思いながら、ここでも春を感じてたりするのです。

雪原

十勝での真冬の服装は、基本的にユニクロの「ヒートテック」。

上半身は、ヒートテックのシャツをインナーとして、その上にシャツとセーター、上着を着れば、まあまあ外でも寒くありません。 下半身も、ヒートテックのタイツをインナーとし、その上からユニクロの「暖パン」。靴下も重ね履きせず、分厚いものをシングル履き。 暖かい「冬靴」を履けば、特に外でも凍えるような寒さを感じることもなかったりします。

-20℃前後まで気温が下がったときや、外にいる時間が長いときは帽子と手袋も装着するのですが、案外、そんなときは少なく。 屋外での仕事は別として、プライベートな外出で寒さを感じるときは、建物とクルマの行き来でしかなく、短時間。 除雪するときは長く外にいることになるのですが、雪の少ない十勝では毎日のことでもなく、あったとしても、すぐに体は温まります。

ですので、近所の買物だったら、部屋着の上から上着を羽織っただけだったリ、しっかり着ていれば上着を持っていかなかったり。

そんな緩い防寒対策で冬を乗越えてたりするのです。

畑

まあそれも、ユニクロのおかげかと。

ヒートテックのインナーはもちろんのこと、暖パンにしろ、分厚い靴下にしろ、安価で提供してくれるので、ほんと助かっています。

ちなみに、こども達も基本的にはヒートテックのインナーを着用。 通学はスキーウェア。きっと寒くないのだろうと。その姿で雪遊びをすれば、真冬でも汗だくになってますし。 ただ、ヒートテックは速乾性にやや劣るらしいので、汗だくは危険らしいです。体が冷えるので。 そんなわけで、通学時は「はしゃがないように」と言い聞かせてたりも。

そんな季節も、そろそろ終了なようす。
それでインナーをやめてみると、想像以上に寒かったりも。

春を感じても、関東関西と比べればまだまだ寒い北海道でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/03/19

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「かじか」と「原木しいたけ」で作るブイヤベースはおいしい
前の記事: 冬季オリンピックのメダリストに十勝出身者が多い理由

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.