67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

冬季オリンピックのメダリストに十勝出身者が多い理由

明治北海道十勝オーバル

先日、帯広にある「明治北海道十勝オーバル」へ行って来ました。

そこはスピードスケート用の400mオーバルリンクがある屋内移設。そして、その日はシーズン最終日。 そのためリンクは無料開放。昨年に続いて、今年もそれを狙って訪れたというわけです。

参考: 「明治北海道十勝オーバル」で滑りました

無料の開放時間になると、大勢の人達が滑り出しました。 幼い子から若者、おじさん、おばあさんまで。慣れていない方から、きれいなフォームでスピードを出している方まで。 「老若男女」とはこういうことなんだなと、ぼくはリンクの外から眺めていました。

家族の中で滑ったのはこども達。プラス嫁さん。 ぼくはというとスケート靴が無かったり...

十勝ではスケートも「大人のたしなみ」なところがあるので、 そのうちMyシューズが欲しいなと思っていたのですが、今シーズンはスルーしてしまいました。

50

そして、「明治北海道十勝オーバル」の入口ホールには、冬季オリンピックのメダリストの名前が書かれた垂れ幕も。

思えば、冬季オリンピックのメダリストは北海道出身の選手が多いのですが、スピードスケートに関しては十勝出身者が多いです。 平昌オリンピックでメダリストとなった、髙木美帆さんと髙木菜那さんは、十勝の幕別町出身。 佐藤綾乃さんは十勝ではないもの、同じく道東の厚岸町出身。

バンクーバーオリンピックで銀メダルを獲得した長島圭一郎さんは、十勝の池田町出身。 長野とソルトレイクのオリンピックでメダルを獲得した清水宏保さんも、十勝の帯広市が出身地だったりします。

十勝以外の北海道の出身者もオリンピックに出場した選手は大勢いるのですが、それも雪の少ない地域出身な方が多いです。

つまり、胆振や日高、そして十勝を含めた道東エリア。気温は低くなるものの、雪は少ないエリア。 そこでは屋外にスケートリンクを作ることもでき、スピードスケートは割と身近なスポーツとして幼いころから接しているのかと。

そう考えれば、スピードスケートの選手に十勝出身者が多いことにも頷けます。

木

新得町にも屋外スケート場はあります。

しかも2ヶ所。もちろん無料。 スケート靴を持っていればタダで遊べてしまいます。リンクにはスケートを楽しんでいる人、練習に励んでいる人、小学校の体育の授業にもスケートはあるので、集団で滑る児童の姿も。 人が多くてイモ洗い状態になることはないのですが、町内のスケートリンクは人気の場所となっているようす。 スピードスケートの少年団(小学生)の活動も活発で、シーズン中には多くの大会が開催されています。

そんな環境なので、国体はもちろん、世界大会でも活躍する選手が身近にいたりも。 この冬、新得町の役場には「全国中学校スケート大会」のスピードスケート500mで優勝、1000mで準優勝された古川幸希さんの垂れ幕が掲げられました。

古川幸希さんは十勝の小学生記録を次々と塗り替え、全国の中学生記録も更新し続けている選手。 記録を塗り替えられた選手は、平昌オリンピックで活躍された小平奈央さんだったリ、髙木美帆さんだったり。

次の北京オリンピックのときは、新得町にもパブリックビューイングが用意されるのかと。

町民として陰ながら応援しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/03/18

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 北海道の防寒対策はユニクロの「ヒートテック」一択
前の記事: 脱サラする方法

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.