67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

行事食の有効期限は前後1週間くらい?

いわし

2月3日は節分の日。

いわしの丸干しを食べて、豆を撒く。 それがうちの家の節分なのですが、今年は出張で不在となってしまうので、食べられず、撒けず。 そんなわけで、前日に前倒して、食べて、撒きました。

結局のところ、節分の北海道スタイルが未だに分からず。 スーパーでは豆まき用の豆として、大豆が売られているのだけれども、その横には落花生の姿も。 イワシの丸干しも売られているのですが、しっかりと恵方巻も積まれていたり。自作用のキットも売られていたり。 ただ、新得町は蕎麦どころなのに「節分蕎麦」は売ってなかったり。気付かなかっただけかもしれませんが。

とりあえず、例年通り「イワシの丸干し」で節ぶることに。

ただ、それだと芸がないので、自作で「恵方巻」を作ってみようかと。 そう思ったのですが、いろいろと気分が乗らなかったので、サーモンの細巻で妥協しました。

サーモン巻き
サーモン巻き。

クオリティ低い...
これでも出来栄えの良いものを揃えていたりします。
他は、そりゃもう酷い...

味は悪くなかったけれども、すこぶる美味いわけもなく、 量も少なかったので、こども達からは「もっと」のコールも。 余った酢飯で「ツナ巻き」を作ったのですが、そっちの方が好評でした。

その後は大豆を部屋に撒いて、落花生を食べて。
そんな2月2日でした。

そこで気になることは、「前日でも御利益はあるのか?」ということ。

でも考えてみれば、節分に限らず、スーパーで売られている行事食は、かなり前から売り出されています。 消費期限を見れば、行事食の当日に食べられないものも多い。 クリスマスに関して言えば、1ヶ月も前から売られてた気もしますし。

もしかしたら、行事食は当日に食べなくても御利益はあるのかと。 後1週間くらいの幅は認めてくれるのかと。それが現代のトレンドかと。 免許の更新も前後1ヶ月になりましたし。

そうだとすれば、今年は2月2日に節分を行いましたが、御利益は期待できそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/12/17

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: チェーンソーによる「まとめ切り」も出来るようになりました
前の記事: 飛行機の窓側座席と40代

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.