「おせち」に飽きたら原木しいたけ | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「おせち」に飽きたら原木しいたけ

新得町

結局のところ、お正月の3日間は、何を食べればいいのだろ?

「おせち」を大晦日に食べる北海道でも、元日の朝は残った「おせち」なんだとか。 そこに「お雑煮」を足して、お正月の朝を済まし、お昼もダラダラと残った「おせち」をつっつく。 足りなければ、お餅を焼いてみたりも。それが元日の朝の一般的な「ごはん事情」なのかと。

年末のスーパーには、出来合いの「おせち」が多く売られる一方で、いい感じの和牛も多く見かけます。 あきらかに、いつもとは違う景色がそこにはあると。それは「すき焼き用」だったり、「しゃぶしゃぶ用」だったり。 だからきっと、元日の夜は、みんなそれを食べているのだと。そう感じたので、うちの家でも「すき焼き」を食べていたりします。

そんな感じで、買い物も行かずに、特に手の込んだ料理も作らずに、そんなダラダラなお正月が一般的。そう思うのは、きっと実家がそうだったから。

でも、SNSを覗けば激しく遊んでる人も多くいるわけで、考えてみれば、お正月は長期連休なことも多く、旅行には最適な期間。 そういえば、ぼくも20代の頃は毎年泊りでスキーへ行ってましたし。

そのためか、2日目にもなれば、ダラダラなお正月も飽きてしまいます。

新得町

そんなわけで、写真も撮りに行きました。

雪が降っていたので、さすがに家を出るまでは億劫になっていたのですが、クルマのエンジンをかけるところまで行ければ、頭の中のスイッチも切り替わります。 結局、予備に持っていったフィルムまで撮りきる始末。ほんと、頑張って家を出てよかったです。

そして、スイッチが切り替わったのは写真だけではなく、料理熱もONになってしまいました。

そういえば昔、「おせちも良いけどカレーもね」なんてキャッチコピーもありました。 妙に共感してしまった人も多かったと思います。 つまるところ、「おせち」に飽きてしまう人はいっぱいいると。 考えてみれば、3食続けて食べても飽きない料理なんて、そうは存在しませんし。 あるとすればカレーくらいかと。ぼくだけかと。

それに、料理をしなくてもいいとなると、逆に作りたくもなってしまいます。人はみんな天邪鬼。ほんと、毎日の習慣は怖いです。 そんなわけで、スーパーへ買い出しに行ってしまいました。

田舎のスーパーとはいえ、2日から営業してくれてよかったです。

ゴロゴロサラダ
魚のゴロゴロサラダ。

お正月だから、多少予算は多めに考えていたのですが、半額シールのものを選んでしまいました。 ほんと、毎日の習慣は怖いです。

安かったのは魚。刺身用の「端切れ」が詰め込まれたものです。マグロ、サーモン、ブリ、マツカワ、あと分んない。 元々安いものなのに、更に半額。思わず2パックも取ってしまいました。

そこに合わせるトマトとアボガドは若干高めのもの。 でも、見切り品の「カブ」は、ほとんど捨て値。 ほんと、毎日の習慣は怖いです。

ただ、安いものには理由があるわけで、案の定、魚の味見をしてみると若干臭い。

そんなわけで、すこし酸味を多くしたドレッシングに漬込みました。 白ワインビネガー、バルサミコ酢、塩、甜菜糖、乾燥オレガノ。 そして、焼いたカブと、トマトとアボガド。それら全てを和えれば完成です。


鶏ハツのアヒージョ
鶏ハツのアヒージョ。

鶏ハツが安かったので、思わず買ってしまいました。 ほんと、毎日の習慣は怖いです。といいますか、これが「地域おこし協力隊」の現実です。

味付けは塩のみ。
ニンニクと共に、オリーブオイルで煮込めば完成です。


美味しかった、「魚のゴロゴロサラダ」と「鶏ハツのアヒージョ」。

「おせち」に飽きていたので、欧風な料理にしてみたわけです。 これで、お正月2日目の夜は乗り切ったのですが、3日目はどうするのって話。 また、洋食的なものを作ろうとしたのですが、嫁さんも子供たちも、それは望んではいないようでした。

せっかくのお正月なので、いつもとは違うものを作ってみたかったのですが、どうやら体は「日常」を望んでいるようす。 7日の「七草粥」までは、待てないみたいです。

原木しいたけごはん
原木しいたけごはん定食。

乾燥しいたけで作りました。
付け合わせは、「ちぢみホウレン草のおひたし」と「あさりの潮汁」。
純和風な食卓です。

おいしい。

気持ち薄目な味付け。
なんだか落ち着きます。
きっと、体はこれを求めていたのだと。

来年も、「おせち」に飽きたら、これを食べたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2018/01/04

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 新得と帯広の神社で初詣
前の記事: 魚眼と望遠で明かされる新得町の正体

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.