67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

11月の新得町の天気は「晴れ時々曇り、所により雨や雪」

新得町

今年(2017年)の雪の降りはじめは平年並みなのでしょうか?

去年は、根雪にはならないものの11月の雪の日は多かったです。
「今年は早いよ」という話もよく聞いたのですが、移住1年目だったので、真偽はわからず。
29
#029 投稿日: 2017/12/06

そして1年が経過した今年の11月。雪がちらつくことはあるのですが、積雪には程遠い日が続いています。

11月の仕事はミズナラの伐採。 それがあるので、雪が降らないことは嬉しいことなのですが、やっぱり少し寂しいです。 それでも、伐採している森は市街地から離れたところ。天気も少し変わります。 自宅付近では雨が降っていても、森では小雪が舞っていたりするのです。

雨の中での伐採は危険ですし億劫にもなるのですが、小雪だと割かし支障が無かったりします。 肩や頭に雪が積もっても、払えば落ちてくれるので。 地面に少し積もれば、伐採した原木も雪の上を滑らして運搬できますし。

ですので、雨が降るなら、いっそうのこと雪に変わってほしいと思うのです。

そんなわけで、毎日の天気予報のチェックは外せません。 ただ、そんな予報も当てにならないのが山の天気。青空予報でも小雨となることも多いです。

というのも、新得町は十勝の西の端。青空予報でも、日高山脈をたまに越えてくる雨雲が、雨や雪を降らせます。 そのため、富良野や札幌方面の天気予報も見ておかなくてはならず、なんなら日本全体の天気図のチェックも必要だったりするのです。

それで、11月の山の天気はというと、「晴れ時々曇り、所により雨や雪」というものが多い。

今年だけかも知れませんが、結局のところ、全部の天気が短時間で入れ替わる日も多いです。 そんなわけで、あまり気合を入れ過ぎず、頑張りすぎないことが、天気に一喜一憂しない方法だったりするのです。 雨が降ったり、疲れたり、チェーンソーのガスが切れたり、その都度休憩をする。クルマの中でコーヒーを飲みながら眺める森の景色も良いものです。

雨のための休憩中には、決まって空には虹も架かっていますし。

ほんと田舎はいいところです。

参考: 新得町の知りたい基礎情報まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/11/10

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: JICAの研修で学んだこと
前の記事: 農家の本当の特権

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.