67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

上達の覚悟の無い練習は最強

新得町

近頃、氷点下を記録する日も珍しくなくなってきました。

気が付けば、家ではストーブを使っていますし、重ね着もデフォルトに。 こども達の通学姿はころんころん。 クルマ内の温度設定も温風にしていますし。 朝は霜が降りてることも多くなってきましたし、夕方の駅前は薪ストーブの香りが漂う日も多くなったと思います。

そして、リンクは出来ていないものの、スケート少年団の活動も開始されました。

昨シーズンでスピードスケートに目覚めた、うちの上の子。 今年は少年団へ入ることに決めたようです。 ただ、リンクの無い時期は「陸トレ」と称して体力作りがメインの活動になるそう。 ですので、学校が終わった放課後、町の体育館で走り込みや筋トレを行っているみたいです。

そんな「陸トレ」に、付添で嫁さんも行っているのですが、もうひとりの付添は、4歳の下の子。女の子。 じっとしているのが苦手な女の子。ですので、お兄ちゃんの真似をして、「陸トレ」に参加してるそうです。

小学生のトレーニングメニューをこなす幼稚園児。 さすがについていくのは無理なのですが、遅れてもメニュー完了させてるらしい。 なにより楽しそうにトレーニングをしているそうです。

思えば、ぼくにもそんな経験がありました。

小学生の頃、姉はバトンを習っていたのですが、母親がチームの衣装係だったこともあり、練習や合宿にも付いて行った記憶があります。 そんな環境にいたので、バトンの振り付けを少し覚えたこともありました。衣装のモデルもやりました。 ただ、チームには入りませんでした。そこまでの覚悟はありませんし。男ですし。

つまるところ、単におもしろそうだからバトンの振り付けに興味を覚えただけで、バトンをやりたい気持ちはなかったわけです。

スピードスケートの「陸トレ」をしている下の子もそうかなと。
スピードスケートをやりたいわけじゃなく、単に「陸トレ」をやってみたかっただけかと。
まあ、楽しそうなので飽きるまで続ければいいかなと。

スピードスケートをやるかどうかは後から考えればいいのかも知れません。

とりあえず「お兄ちゃん達の邪魔にはならないように」と、それだけは伝えておくつもりです。

参考: 新得町の知りたい基礎情報まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/11/03

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 農家の本当の特権
前の記事: オーナーズ制度のその先へ

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.