67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

エキスパートの称号よりも欲しいもの

新得町

夏の台風でビニールハウスは使えなくなってしまいました。

参考: ビニールハウス壊れました

実はそのときも椎茸は成長中で、収穫まで時間のかかるものも多かったです。 ですがビニールハウスが壊れてしまったので、それ以上の成長も望めず。 ハウスの補修時間も無かったので、未成長ですが全て収穫してしまいました。

成長途中の椎茸は美味しくありません。 以前に食べてみたのですが、味に深みは無く。それでも独特の食感は良く、見た目もかわいいので、捨てるのは勿体ない。 ということで、冷凍処理をして旨味を出すことにしました。

参考: 椎茸の旨さを限界以上に引き出す簡単な方法

そして先日、そんな冷凍未熟椎茸を使って料理をすることに。 彼らを一番おいしく食べる方法を考えたのですが、とりあえず「おこわ」にしてみることにしてみました。

冷凍未熟椎茸
冷凍未熟椎茸、にんじん、ごぼう、を炒めます。



煮豚
煮豚も角切りにして一緒に炒めます。



煮詰め
煮豚の煮汁を追加して煮詰めていきます。



餅米
一日前から水に浸けておいた餅米。



炒め
餅米を入れて炒めていきます。



椎茸おこわ
強火で蒸せば「椎茸おこわ」の完成です。

おいしい。

ただ、椎茸の旨さは出ているのですが、もっと頑張ってほしい。 それよりも「ごぼう」がおいしかったです。それもそのはず、上富良野の有名な直売所で買ったものなので。 「にんじん」もおいしい。これは家庭菜園で作ったものですし。 なによりも自作した「煮豚」がおいしすぎました。 これも北海道産のものですし。

次は正規の椎茸で作りたいです。

と、そんなことを考えている毎日が楽しかったりします。 せっかく生産者となるので、それのエキスパートになりたいと。 その一環で「おいしく食べる方法」も探求しているのですが、結局のところ、エキスパートの称号よりも、その過程が欲しかったのかも知れません。

それにしても、スマホのカメラはひどすぎる...

参考: 原木椎茸の撮り方、食べ方、育て方

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/10/11

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 日々の暮らしの先にあるもの
前の記事: 多湿な椎茸は美味しくない?

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.