67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

てるてる坊主と猛暑と降雨

新得町

先日、やっと涼しくなりました。

最高気温は30℃以上の日が続いていた新得町ですが、7月中旬のその日も、午前中は暑かったものの午後からはしっかりと雨が降り、気温も低下。 夜になると更に気温は下がり、久しぶりに布団に包まって寝ることができました。

まだ見習いなのですが、日々の天気が気になる辺り、農家の大変さを実感しています。 原木しいたけ栽培の場合、7月は春先に植菌した原木を山林に伏せている状態です。 そこでは原木の乾燥も気を付ける必要があるのですが、夏日が続いた今年の気象条件は、すこし頂けないもの。 ですので、気温が下がったこともありがたいのですが、久しぶりの雨も「恵の雨」となったわけです。

思えば6月は気温が上がらず、雨な日も多かったです。 それはきっと「蝦夷梅雨」。小学校の運動会は延期が続き、幼稚園のそれも体育館で開催。 幼稚園の入口には大きな「てるてる坊主」も吊るされていたのですが、その顔は少し悲しんでいるように見えてしまいました。

そして、天気は皮肉なのもで、運動会が全て終わると晴れの日が多くなり、気温も高くなって連日の夏日に。 昨年の幼稚園で開催された「七夕まつり」は寒かった記憶があるのですが、今年は普通に「涼しい」と思えるように。 ずっと吊るされている大きな「てるてる坊主」の顔も、どこかテンション高めの「どや顔」に見えてしまいました。

ただ、まとまった雨が降ったのは「七夕まつり」が終わって2日目。 もしかしたら、お祭りの片づけと共に「てるてる坊主」が下ろされたのかと。 そうだとしたら、あの「てるてる坊主」の効力は絶大かと。

晴れてほしい日に少し真似て作ってみようかと、そう思ってしまいました。

参考: 新得町の知りたい基礎情報まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/07/17

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: インディアンカレーは帯広の魅惑
前の記事: 田舎と季節とヒグマの香り

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.