67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

エゾシカ肉を堪能する日々

新得町

毎日の晩酌はしませんが、家でお酒は飲みます。

本当にたまになので、晩ごはん時のアルコールは発泡酒ではなくビールなことが多い。 それでは、買ってくる酒のほとんどがビールかというと、そうでもなく、8割はチューハイだったりします。 お気に入りは、ほろよい白いサワー。

ただ、それは晩ごはん時の飲み物ではなく、ごはんがはじまる頃には無くなっていたりします。 つまり、ごはんを作るときに飲んでいるというわけ。 いわゆるキッチンドリンカー的に。少し手の込んだものを作るときや、仕事が疲れたとき、1缶のチューハイは優しくそれを手伝ってくれています。

そこでの「おつまみ」といえば、もちろん、味見と称して頂く「つまみ食い」。

基本的には、本当の味見も兼ねるのですが、ときにはそれように作ってしまいます。 具材の一部を頂戴し、さっと焙って口に運ぶ。こども達にばれないように。嫁さんに気付かれないように。 そんな食べ方も味の一部で、美味しさを増幅させる一因だと思うのです。

先日のエゾシカ肉もそうでした。

嫁さんが地元の人から頂いてきたエゾシカ肉。 それでシチューを作ろうとしたのですが、「焼き」で食べてみたくなったので、焙ることに。 ブロック肉を厚めに切り、筋を処理するために「鱧の骨切」のような包丁を入れていく。 塩コショウは強めにふって、網焼き。左手に缶チューハイを持ちながら。

うまい。

心配していた臭みは全くなく、代わりにシカ独特の香りが鼻から抜けていく。 これなら塩コショウも弱めでよかったです。 そして、筋もなく柔らかい。「骨切」の必要はありませんでした。

あなりにも美味しかったので、急遽、メニューを「焼肉」に変更してしまう始末。
肉はたくさん頂いたので、シチューは次の日に。

ちなみに、後日、それでも食べきれなかったので、最後は大和煮で楽しみました。

なんだか、タンパク源がエゾシカ肉だった数日。
ほんと、十勝はおもしろいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/02/23

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 雪山を尻で滑り降りる仕事
前の記事: 「まさかり」を装備して「両手持ち」で「乱れ打ち」する快感

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.