67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

「まさかり」を装備して「両手持ち」で「乱れ打ち」する快感

スポーツにしろ、道具の使い方にしろ、「無駄な力を抜く」のは基本です。

ただ、理屈では分かっていても、やはり力は入ってしまうもの。知らないうちに肩や腕には乳酸が溜まり、関節には痛みが生まれます。そして息もあがる。 かといって成果もあがらず。本当に「無駄な力」となってしまいます。

話は変わりますが、原木栽培に使う「榾木」は、使い切ると中身はスカスカになるので、薪ストーブの燃料には最適です。 ただ、長さがあるので小さい薪ストーブでは使えない。そんなときはチェーンソーで切るのですが、太さもあるときは「手割り」で小さくします。

そんなわけで、先日、薪の「手割り」を行いました。

「手割り」といっても、空手チョップで割るのではなく、そこは斧を使用します。 厳密にいうと、使ったのは斧ではなく「まさかり」。 斧よりも刃が鈍角で、「切る」よりも「割り」に長けているのが「まさかり」です。

榾木を縦に置いて、両手持ちした「まさかり」で降り下ろす。 「重さ」と「遠心力」を利用するので、その加速方向は自分自身。つまり引っ張る。 上手くいくと、軽い力で一刀両断できるのです。

ただ、理屈は分っていても上手くいかないが薪の手割り。 薪に刃が刺さるだけだったり、当たり所が悪くて木っ端みじんになったり。 そんなことが続くと、徐々に肩や腕に力が入り、ますます上手くいかなくなります。

そんな負の螺旋ですが、からだが疲れてくると、すっと、抜け出せたりします。 おそらく、いい具合に力が抜けて理想的な形に近づくためかと。 ですので、並べた榾木を一気に割っていくのですが、最初は2本連続くらいが限界だったのに、最後の方は6本以上を連続で割れるようになってました。

まさに乱れ打ち。
榾木の割れる音も最高。
「ぱっかーーん」と。

チェーンソーで木を切るのも楽しいですが、まさかりを使っての薪割りもおもしろいです。

参考: 原木椎茸の撮り方、食べ方、育て方

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/02/20

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: エゾシカ肉を堪能する日々
前の記事: 冬のキツネを遠くに見る眼

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.