67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

鶏の「たたき」は牛のそれと違うので食べてみた方がいい

嫁さんと一緒に暮らしはじめたときから料理はぼくのテリトリー。

はじまった当初も、一応は食べたいものを聞くのですが、答えはいつも「馬刺し」でした。 今に思えば、それも良い想い出。 と、言いたいところですが、10年経っても「馬刺し」と答える、ブレない嫁さんは流石です。

馬刺し、牛刺し、当時は普通に食べられたレバ刺し。 あの頃は、住んでいた町内に良い肉屋さんが存在していたこともあり、魚の「生」とは違う旨さを求めて、頻繁に食べていました。 なんだかんだ言ってもおいしいので、ぼくも好きだったわけです。

少し甘い醤油ベースのつけダレに、薬味はおろしたニンニクを溶かし入れ、切身の1/5を浸して口に運ぶ。 刺しの入った霜降りの「生肉」も良いのですが、やはり肉の味が詰まった赤身の肉の方が、ぼくは好き。 そんな赤身の肉には、脂と相性の良いワサビよりも、「キレ」のあるニンニクを薬味にしたいです。

そんなわけで、あの頃は生肉を頻繁に食べていたのですが、不思議と「鶏」の生肉にはあまり縁がありませんでした。

ただ、鶏の「たたき」を食べてみたのですが、牛や馬のそれとは違う旨さが溢れてきました。 表面を焙った鶏肉をタレとネギの薬味で頂く「たたき」は、つけダレとの相性も抜群でおいしかったです。 モモ肉とムネ肉で味の質が変わるのもおもしろい。

考えてみれば、鶏は「鳥類」でして、牛や馬の「哺乳類」とは異なる種。 「爬虫類」や「魚類」に近い種なので、味の方向性も違ったのかも知れません。 ほんと、鶏の「たたき」は最高です。

そう思ったのは、先日、新得地鶏を食べさせてくれるお店「一杯屋」で、その「たたき」を食べたときのこと。 町内で育て、町内で加工しているので、その鮮度は間違いありません。 牛と違い、鶏は熟成を必要としないので、鮮度を最優先させた方がおいしいのかと。

いいものを頂けました。

他にも、鍋、から揚げ、炭火焼と、おいしかったです。 やはり地鶏はおいしく、普段に食べているものとは全然違います。 「固い」と思っていた身も適度なもので、どちらかというと柔らかく、ほんとうに美味しかったです。

十勝の新得町に訪れた際は、「一杯屋」がおすすめ。
ちなみに店主は、元地域おこし協力隊の方。

場所はJR新得駅から徒歩1分です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji  | 投稿日: 2017/02/01

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 十勝の冬はスケートができるので暇はない
前の記事: 十勝の食の「リアル」を知ると安心する

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.