67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

十勝の冬に「ママさんダンプ」は必要です

新得町

先日、まとまった雪が降りました。

降雪は一日中続き、次の日の朝には止んでいたものの、クルマの上にもこんもりと積雪。 アパートの前の道路は除雪してくれていたのですが、クルマを使うには「雪かき」が必要。 そんなわけで、嫁さんとふたりで朝から「雪かき」を行ったわけです。

ですが、うちの除雪道具はプラスチック製の「スコップ」のみ。 普段のちょっとした積雪のときは、それを使って雪を「子供用のソリ」に乗せて運び出していたのですが、この日の積雪を除雪するには、それでは少し役不足。 そのため、ソリの代わりに軽トラで運び出しました。

やはり、十勝でも「ママさんダンプ」は必要だなと思ったわけです。

「ママさんダンプ」とは商品名なのですが、要は、手押しタイプの「ブルドーザー」と「ダンプカー」、そして「ソリ」を足したのようなものです。


そんなに高くもないものなので、雪の降る前から用意しておいても良かったのかも知れませんが、割と場所をとるものなので、できれば「無し」で行きたいと。 除雪道具は、スコップと「スノープッシャー」のふたつで冬を乗越えたいと思ていました。

ちなみに、「スノープッシャー」とはこれです。


そう思ったのも、ぼくが雪国で暮らすことは初めてではないからです。

住んでいるアパートには「倉庫」が付いているものの、そんなにスペースが大きくないので、できれば必要ないものは省きたい。 そして、除雪道具は、降雪量に比例して「スコップ」、「スノープッシャー」、「ママさんダンプ」の順番で必要になってきます。

以前に住んでいた、北海道の岩見沢市と山形県の山形市では3つが必要でした。 でも、宮城県の仙台市では2つで充分。山梨県の河口湖町では「スコップ」のみで乗り切り。 住んでいるアパートの形状や周辺環境でも変わってくるとは思うのですが、ぼくの住んだアパートでは、そんな感じでした。

それで、北海道の十勝地方は「どうなんだろう?」と思っていたので、移住前に雪に関していろいろと人に聞いてみたのですが、 豪雪地帯に指定されている「岩見沢市」に居住経験があると告げると、たいがい「大丈夫ですね」との答えが返ってきました。

たしかに、札幌から少し北たに行った場所にある「岩見沢市」と比べると、十勝の新得町は雪が少ないです。「毎日の除雪」もありませんし。 とはいっても、シーズンに何回かはまとまった積雪となるようす。この日の積雪も、膝が隠れるほどに。 ですので、その居住環境にもよるのですが、基本的には「ママさんダンプ」が必要です。

周りをみれば、みなさんそれを使っていましたし。
それにもまして、エンジン式の「除雪機」を持ってる方も多いようですし。

岩見沢市に住んでいたときは憧れだった「除雪機」も、土地の広い十勝では割とポピュラーな除雪道具なのかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji | 投稿日: 2017/01/15

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 十勝の食の「リアル」を知ると安心する
前の記事: 「大雪園」があるから料理が苦手な独身者も生きていける

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.