67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

札幌が大雪のとき十勝は青空

新得町

今年は雪の降りはじめが早かったそうです。

そのためか、雪の季節到来を喜んだものの、その後はすっかりと雪は消え、普通の秋な景色が広がる毎日。 それでも、たまに一面を白色に変える雪も降るのですが、午後には元通り。道路状況も快適で、根雪には程遠い日が続いています。

そんな中、先日の全国ニュースで流れていたのは北海道の大雪情報。

東京にも珍しく11月の積雪があったあの頃、札幌や旭川でも、まとまった量の雪が降りました。 赤色の「大雪警報」が出た地域も多かったです。 おそらく、全国の人が「北海道は雪で大変だなぁ」と思ったかも知れません。

それでは、北海道の中心にある「十勝」も雪で大変だったか?と聞かれると、そんなことはなく、安定の青空だったりします。 11月も帯広へちょこちょこと買い物に出かけていたのですが、その道中で雪を見かけることもなし。 たまに雪が降って、午前中は道路が白くなることもあったのですが、帰る頃には消えていました。

というのも、十勝は太平洋側の地域。雪が多く降る札幌や旭川は日本海側。 それは、新潟が大雪のとき、東京が晴れているのと同じで、関東が群馬や栃木あたりの山々に守られているように、十勝も日高山脈に守られています。

そんな十勝でも、一番西側に位置する新得町は、若干、雪が降りやすい地域のようです。 帯広が晴天でも、日高山脈からこぼれ落ちた雪雲が雪を降らせます。 太陽が出ていても、青空が見えていても、雪が舞うことも、ちらほら。 そんな景色は東北の仙台と似ていると思えました。

十勝管内でも雪が積もりやすい新得町。

そのためでしょうか、12月のはじめにはサホロリゾートのスキー場がオープンしました。 まだ滑れるコースは限定されているのですが、遠目で見る限り、上から下まで雪の量は充分だと思います。 さっそく町民割引のリフト券を購入しておきました。

ただ、町内のもうひとつの「新得山スキー場」のオープンはまだまだ先。 それでも、雪は積もっていました。前に、スキー板を担いで徒歩で登っている方もいましたし。

前に住んでいた北海道の岩見沢よりは雪が少ないと言われている十勝地方。
その中では雪が降りやすい新得町。

そんな気象環境も、ここに住むと決めた理由のひとつです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet



カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji | 投稿日: 2016/12/06

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 暖房に薪ストーブを選ぶ「十勝っぽい」理由
前の記事: 十勝のダメなところ

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.