晩成温泉は世界的にも珍しい高濃度のヨード泉 | 67 PHOTO

67 PHOTO

Film Photographer's Website
Photography Index


more...

晩成温泉は世界的にも珍しい高濃度のヨード泉

新得町

とかちでの暮らしも約1ヶ月が経ちました。

生活も、仕事も、だいぶ慣れましたが、日々の新鮮さは失われず。 気温は寒いのですが、それもなんだか嬉しく思ってしまいます。 4月末なのに雪が舞っていますし。

そんな景色を窓越しにずっと眺めていたのは嫁さん。 昨晩から降り出した雪は、自宅前の道路を隠す程の積雪に。 それでも、この日は約束していた海を見に行く日。

そんなわけで、朝早くに自宅を出発しました。

十勝

自宅のある新得町から道道75号線で芽室へ。
「芽室帯広IC」から帯広・広尾自動車道を使って南下します。

途中、休憩目的で、道の駅「さらべつ」に寄ってみたり。
ロケット開発のニュースで気になっていた「大樹航空宇宙実験場」の横を通ったみたり。

そんなこんなで「晩成温泉」に到着。
あいかわらず雪は降り続き、外気温はクルマの温度計で2℃。
風も強く、海は大荒れ状態。

それでも、温泉の駐車場にはクルマが多く停まっていました。


■ ヨード温泉は世界的にレアな泉質

さっそく入浴。 浴室は、広くはないものの、狭くもなく、調度いい雰囲気の「街のお風呂屋さん」的な雰囲気でした。

そして、世界的にも珍しい「ヨード泉」が晩成温泉の最大の特徴。温泉の色は茶褐色。鉄系泉質とは少し違う茶褐色。 似ているものと言えば、うがい薬の「イソジン」の色。似ているというよりも、主要成分は同じもの。 その濃度は高く、ヨード温泉で有名な千葉県の「白子温泉」と比べても、晩成温泉は遥かに高濃度なんだとか。

内湯はふたつ。水風呂ひとつ。サウナも完備。
大きなガラス窓からは、太平洋を一望できます。

そして、露天風呂は無いものの、なぜか裸で出られる「テラス」があります。
おそらく、サウナから出た後の体冷まし用かと。
せっかくなので、そのテラスにも出てみることに。

寒い...

吹雪の中での裸は初体験。
雪降る海は大荒れで、体温も一気に持っていかれます。

といいますか、裸でテラスは変な感じ。
砂浜に全裸で立っているのと変わりませんし。
さいわい、そこには誰もいませんでした。

砂浜に、全裸で震えるおじさんと、全裸ではしゃぐ子供がふたり。
はたから見れば変な絵づらかと。

なんにしても、楽しい温泉でした。
駐車場にクルマが多く停まっていた理由も分ります。

ここの名前は「晩成(ばんせい)」温泉。
そこは大樹(たいき)町にあります。
つまり、「たいきばんせい」の湯。

なにかの御利益があるもしれません。


その後は、道の駅「コスモール大樹」に寄りつつ新得町へ帰宅。
余裕の日帰り温泉な「おでかけ」でした。

十勝は温泉地も豊富。
他にも日帰りで行ける温泉は多いので、しばらく、この流れは続きそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet


カテゴリ: とかち暮らし | 筆者: kenji | 投稿日: 2016/05/01

「とかち暮らし」の他の記事

自己紹介


Blog


人気記事

 
次の記事: 「クルマで1時間」の距離は近い
前の記事: 「ただいま」北海道

Photography Index


more...
Copyright C 2007-. 67 PHOTO.All Rights Reserved.